ojihall


Concert  コンサート情報

銀座ぶらっとコンサート #179
中木健二 “ロマンティックが止まらない 3”

2023年214日(火) 13:30開演

全席指定 3,200

画像をクリックして拡大

中木健二(チェロ)
秋元孝介(ピアノ)

協賛:株式会社ヨックモック

平日の昼下がり、銀座でのお買い物のついでに、お友達との銀ぶらの途中に立ち寄れる気軽なコンサート、『銀座ぶらっとコンサート』第179回。チェロの中木健二がロマン派の音楽をたっぷりお届けするシリーズ“ロマンティックが止まらない”3回目。今回のテーマはずばり「ロマンス!!」。 作品の裏にあるエピソードを交えつつ楽しんでいただきます。葵トリオの名ピアニスト秋元孝介と共に、恋する歌曲からブラームスの名曲まで情熱的に迫ります!
プログラム

ビゼー/ホールマン:カルメン・ファンタジー
ベートーヴェン:魔笛の「恋を知る男たちは」の主題による7つの変奏曲 変ホ長調 WoO.46
ドヴォルザーク:「孤独な私の魂に」 Op.82-1
ブラームス: チェロとピアノのためのソナタ 第2番 へ長調 Op.99

プロフィール

(c)塩澤秀樹

中木健二(チェロ)

愛知県岡崎市出身。東京藝術大学を経て2003年渡仏、パリ国立高等音楽院、ベルン芸術大学の両校を首席で卒業。05年ルトスワフスキ国際チェロ・コンクール第1位、08年Note et Bien国際フランス音楽コンクール・グランプリなど、受賞多数。10年より14年までフランス国立ボルドー・アキテーヌ管の首席奏者を務めると共に、リサイタル、オーケストラとの共演、音楽祭出演など幅広い演奏活動を行う。帰国後はソリストとして活躍するほか、14年にアンサンブル天下統一(ヴァイオリン:長原幸太、ヴィオラ:鈴木康浩)を結成し定期的に演奏活動を行うなど、室内楽にも情熱を注いでいる。これまで共演したアーティストにはアッカルド、ジュランナ、メネセス、チュマチェンコ、イヴァルディが含まれる。これまでに「J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲」(「レコード芸術」誌・特選盤)他のCDをリリース。紀尾井ホール室内管弦楽団メンバー。東京藝術大学音楽学部准教授。第11回名古屋音楽ペンクラブ賞受賞。使用楽器はNPO法人イエロー・エンジェルより貸与されている1700年製ヨーゼフ・グァルネリ。Thomastik Infeld社契約アーティスト。


(c)Nikolaj Lund

秋元孝介(ピアノ)

2018年、ピアノ三重奏団「葵トリオ」のピアニストとして、第67回ミュンヘン国際音楽コンクールピアノ三重奏部門で日本人初の優勝。現在は日本とヨーロッパで演奏活動を行いながら、明治安田クオリティオブライフ文化財団海外音楽研修生として、ミュンヘン音楽演劇大学大学院、東京藝術大学大学院音楽研究科博士後期課程にて更なる研鑽を積んでいる。これまでに、第2回ロザリオ・マルシアーノ国際ピアノコンクール第2位、第10回パデレフスキ国際ピアノコンクール特別賞などを受賞。また葵トリオとして、第28回青山音楽賞「バロックザール賞」、第29回日本製鉄音楽賞、第22回ホテルオークラ音楽賞を受賞している。ソロと室内楽の分野において数多く演奏活動を行っており、21年は日本各地をはじめ、ドイツ、イタリア、フランス、チェコで演奏を行っている。兵庫県立西宮高等学校音楽科を卒業後、東京藝術大学音楽学部、同大学院音楽研究科修士課程をそれぞれ首席で修了し、サントリーホール室内楽アカデミーでも研鑽を積んだ。