コンサート情報

銀座ぶらっとコンサート #97
Cafe サンフランシスコ

完売
2015年1月31日(土)

2015年513日(水) 13:30開演

全席指定 2,800

加藤昌則(作曲/ピアノ)
三宅理恵(ソプラノ)

協賛:株式会社ヨックモック

平日の昼下がり、銀座でのお買い物のついでに、お友達との銀ぶらの途中に立ち寄れる気軽なコンサート、『銀座ぶらっとコンサート』第97回は、音楽と縁が深い異国の街のカフェを舞台にするCafeシリーズの17回目。アメリカ西海岸にカフェ初出店。多くの映画の舞台になっている坂の街サンフランシスコ。ここでチャンスを夢見ている歌手と出会い、いつしか映画の世界へ……。
プログラム
加藤昌則::Caféサンフランシスコのテーマ
チャップリン:映画「ライムライト」より エターナリー
チャップリン:映画「モダンタイムス」より スマイル
ジョージ・コーリー:想い出のサンフランシスコ
ガーシュウィン:やさしき伴侶を
コルンゴルト:セレナーデ Op.9-3/夏 Op.9-6
ヘンリー・マンシーニ:酒とバラの日々
黒人霊歌:映画「天使のラブソングを」より アイル・フォロー・ヒム
プロフィール

加藤昌則(作曲/ピアノ)

東京芸術大学作曲科首席卒業、同大学大学院修了。2005年「スロヴァキアン・ラプソディ〜サクソフォンとオーケストラのための〜」はスロヴァキア・フィル東京サントリーホール公演で初演、09年ブラチスラヴァで再演、世界的サックス奏者須川展也のCDにも収録(金 聖響指揮、東京交響楽団)。06年オペラ「ヤマタノオロチ」、神奈川フィルハーモニー管弦楽団の委嘱作品「刻の里標石(ときのマイルストーン)」、12年≪福島復興・復活オペラプロジェクト≫作品「白虎」(第11回佐川吉男音楽賞受賞)、13年初演の管弦楽曲「Legends in the Sky」、14年連作歌曲「二本の木」はじめ、作品はオペラ、管弦楽、声楽、合唱曲など幅広く、作品に新しい息吹を吹き込む創意あふれる編曲にも定評がある。村治佳織、山形由美、宮本益光、奥村 愛など多くのソリストに楽 曲提供をしており、共演ピアニストとしても評価が高い。独自の視点、切り口で企画する公演や講座などのプロデュース力にも注目を集めている。NHK−FM等での作品の放送終了後、リスナーからの問い合わせが多数寄せられるなど、いわゆる「現代音楽」とは全く異なる視点で書かれた、美しく斬新な抒情性に満ちた作品は、多くの愛好者を持ち、楽譜も多く出版されている。次代を担う作曲家として注目を集めている。

オフィシャルHP http://www.masanori-music.com

三宅理恵(ソプラノ)

東京音楽大学卒業、同大学院首席修了。ニューヨークに留学し、バード音楽院特待奨学生として修士課程(声楽)修了。Palm Beach Opera Vocal Competition 4位入賞、NTTドコモ賞受賞等多数の賞を受賞。オペラは新国立劇場、日生劇場を中心に数多くの舞台に立ち、2007年小澤征爾音楽塾『カルメン』フラスキータでは、急遽メインキャストとして出演し好評を博した。11年宮本亜門演出東京二期会『フィガロの結婚』で二期会デビューを果たし、13年日生劇場『フィデリオ』マルチェリーネでの可憐な歌声で観衆を魅了した。またアメリカにて08年『A Bird in Your Ear』王女(世界初演)に出演するなど、国内外で活躍。コンサートに於いても09年「Oceanic Verses」(世界初演)ソリストとしてカーネギーホールデビュー。国内のオーケストラとも共演を重ね、フォーレ「レクイエム」、シューベルト「ミサ変イ長調」、ユベール・スダーン指揮/東響モーツァルト「レクイエム」、N響「名曲アルバムコンサート」に出演、ダン・エッティンガー指揮/東フィル「午後のコンサート」では、同時通訳を兼ねながらも見事な歌唱を披露し絶賛を博すなど、常に高い評価を得ており、確かな実力を持つ旬の逸材として注目を集めている。二期会会員。