ojihall

Loading

Concert  コンサート情報

銀座ぶらっとコンサート #46
Cafe モンマルトル

2010年127日(火) 13:30開演

全席指定 2,500

完売

ナビゲーター 加藤昌則(作曲/ピアノ)
ゲスト 斎藤和志(フルート)

協賛:株式会社ヨックモック

平日の昼下がり、銀座でのお買い物のついでに、お友達との銀ぶらの途中に立ち寄れる気軽なコンサート、『銀座ぶらっとコンサート』 第46回。音楽と縁が深い異国の街のカフェを舞台にするCafeシリーズの8回目は、各界の芸術家たちが夜な夜な熱い議論を交わしていたパリのモンマルトルにさすらいの(?)フルーティストがやってきます。1本のフルートから生まれるフランスのエスプリと色彩感溢れる名曲をどうぞお楽しみください。
プログラム

加藤昌則:カフェ・モンマルトルのテーマ
ドビュッシー:パンの笛
サティ:ジュ・トゥ・ヴ(あなたがほしい)
プーランク:フルート・ソナタ
他予定

プロフィール

(c)Wataru Nishida

加藤昌則(作曲/ピアノ)

東京藝術大学作曲科を首席で卒業し、同大学大学院修了。これまでにNHK--FM「FMリサイタ ル」、「名曲リサイタル」などに出演、自作品を演奏し、放送終了後、リスナーからの問い合わせが多数寄せられるなど、反響を呼んだ。2001年4月、デビューCD「SOLO」を発売。03年3月、ムジークフェライン・ブラームスザールにてウィーンデビューを果たす。06年6月、日本を代表するクラシカル・サクソフォン奏者、須川展也からの委嘱により、「スロヴァキアン・ラプソディ~サクソフォンとオーケストラのための~」を作曲、スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団の東京公演(サントリーホール)で初演され、好評を博した。同作品は、須川展也のアルバムにも収録され(金聖響指揮、東京交響楽団)、また09年3月ブラティラヴァにても演奏され、ここでも満場の喝采を浴びた。06年自身初のオペラ作品「ヤマタノオロチ」を発表、日経紙上などで絶賛される。また、神奈川フィルの定期演奏会で新作「刻の里標石」を初演し、高い評価を受けた(同作品は、 08年3月、東京オペラシティコンサートホール開館10周年記念公演にて再演された)。07年秋、「個典」を開催。注目を集める。09年4月、宮本益光作詞による合唱組曲「あしたのうた」が音楽之友社より出版された。いわゆる「現代音楽」とは全く異なる視点で書かれた、美しく斬新な抒情性に満ちた作品は、多くの愛好者を持っている。

オフィシャルHP http://www.masanori-music.com/


斎藤和志(フルート)

福島県郡山市出身。東京藝術大学附属高校を経て同大学器楽科卒業、同大学院修了。2001年第5回神戸国際フルートコンクール第4位、第70回日本音楽コンクール第1位及び加藤賞、E・ナカミチ賞受賞。1999年第4回びわ湖国際フルートコンクール第1位。これまでに、パウル・マイゼン、金昌国、佐久間由美子、中川昌巳、中野富雄、三上明子、山崎成美に師事。現在、東京フィルハーモニー交響楽団首席奏者、「NOZZLES」「The flute quartett」メンバー。現代音楽の演奏にも力を注いでおり、現代音楽演奏グループ「東京シンフォニエッタ」では副代表を務め、国内外より高い評価を得ている。1999年の第68回日本音楽コンクールでは作曲部門本選における演奏に対し審査員特別賞を受賞した。作曲・編曲も行い、即興演奏も含め、従来の枠にとらわれない多彩な活動を展開中。06年度アリオン音楽財団奨励賞受賞。