コンサート情報

グザヴィエ・ドゥ・メストレ

2006年622日(木) 19:00開演

全席指定 5,000


(c) K. Miura

グザヴィエ・ドゥ・メストレ (ハープ)

彼は颯爽とステージに登場し、やがてこともなげに爪弾き始める。超絶技巧を微塵も感じさせることなく、すらっと伸びた長い手足でそれはエレガントに自由自在に黄金のハープを操っていく。その様はまるで一幅の名画を見るようだ。彼のプログラムは多彩で実におもしろい。勇壮かつ繊細な演奏から生まれる音楽があ らゆる場所へ運んでくれる。ある時は幻想的な森の中へ、ある時は深い水底へ、ある時はさんざめく古の王宮の舞踏会へ、またある時はカーニバルの賑わいの 真っ只中へ。そして、誰もが魅きつけられずにいられないハープの貴公子の優雅な世界へ。
プログラム

ヘンデル: コンチェルト
バルトーク/メストレ: ルーマニア民俗舞曲Sz.68*
              第1曲 棒踊り
              第2曲 飾り帯の踊り
              第3曲 足踏み踊り
              第4曲 ブチュムの踊り
              第5曲 ルーマニア風ポルカ
              第6曲 早い踊り
リスト(ルニエ編曲): ナイチンゲール
パリシュ=アルヴァース: 幻想曲

********** 休憩 **********

ヒンデミット: ソナタ
アルベニス/サバレタ: ソナタ
ファリャ/グランジャニー: スペイン舞曲 第1番 (「はかなき人生」より)
ドビュッシー: 月の光
ゴドフロワ: ヴェニスの謝肉祭 Op,184

プロフィール

(c) K. Miura

グザヴィエ・ドゥ・メストレ(ハープ)

9才のときに地元トゥーロンの音楽学校でハープを学び始める。その後、パリにおいてジャクリーヌ・ボロー、カトリーヌ・ミシェルに師事すると同時に、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで政治と経済を学ぶ。16才のときにパリで行われた国際コンクールで優勝。その後、カーディフ、ミュンヘン、ウィーン、エルサレム等、主要な国際コンクールの数々で受賞。1998年、最も権威のあるハープ・コンテストUSA国際ハープ・コンクール(ブルーミントン)において、第1位と合わせて2つの賞を受賞した。22才で首席指揮者ロリン・マゼール率いるバイエルン放送交響楽団のソロ・ハーピストに就任、そして3年後、熱望していたウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のソロ・ハーピストに就任した。ソリストとしての活動も活発に行い、ザルツブルグ・モーツァルテウム管弦楽団、イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団、ルクセンブルク・フィルハーモニー管弦楽団等数多くの一流オーケストラと共演している。2002年5月、ハープ奏者として初めてアンドレ・プレヴィ ン指揮/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団と《ヒナステラ ハープ協奏曲 Op.25》を演奏、05年7月にはキンボウ・イシイ・エトウ指揮/NHK交響楽団と《ボアエルデュー ハープ協奏曲 ハ長調》を演奏した。同月、名古屋しらかわホールに於けるソロ・リサイタルが新聞評などでも絶賛されている。ハンブルク音楽大学教授。録音はハルモニア・ ムンディ、オブリガット、クラヴェスからリリースされている。